支店長弁護士インタビュー

秋葉原支店長 第二東京弁護士会細井 瑛皓弁護士

泉総合法律事務所 秋葉原支店長、細井瑛皓(ほそいあきひろ)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

ゆとりのある空間で、リラックスしてご相談いただけます

――― まずは、秋葉原支店についてお聞かせください。秋葉原支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりや、道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

秋葉原といえば「電気街」として、世界的にも有名です。毎日たくさんの買い物客や海外からの観光客で賑わっています。
飲食店も、国際色豊かな店舗が立ち並んでいて、グルメな方にも”うってつけ”の場所です。

秋葉原支店がある場所は、電気街とは反対側に位置するオフィス街の一角にあるため、人通りとしてはビジネスマンの方が多いです。
秋葉原駅の改札から事務所までは、徒歩3分くらいです。ビルにはエレベータが完備されておりますので、足の不自由な方、高齢の方でも安心してご来所頂けるかと思います。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

エレベータで5階に降りたすぐ目の前に、泉総合法律事務所 秋葉原支店のドアがあります。
ドアから進んで、左手が相談室、右手が事務室です。
事務室と廊下の間にドアはございませんから、到着後はお気軽にお声がけ下さい。

相談室は、お客様のプライバシーを守るため、ドアがつけられています。
比較的大きめの楕円のテーブル(3メートルほど)がありますが、部屋にはとても余裕があり、圧迫感を感じさせません。
お荷物の多い方や、ご家族で来所される方にもご満足していただけると思います。
「多数の資料を同時に広げて一覧する」といったことも可能ですので、弁護士との法律相談もスムーズに進められます。

 

――― 細井先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。レスポンスを早めるために心がけていることや、フットワークの軽さ、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために心がけていることなどをご紹介ください。

外出中にお電話をいただいた場合などは、事務所に戻り次第、出来るだけ早く、折返しのご連絡をするよう心がけています。
緊急性が高い場合には、外出中でも事務所スタッフから連絡を受け、スタッフに回答を「伝言」して依頼者様にお伝えさせていただいたり、携帯電話から折返すこともございます。

ご相談においては、依頼者様のお話をしっかりとうかがい、直面されている問題を受け止めるところからはじめます。
そのうえで、依頼者様へのアドバイスにあたっては、専門用語はできるだけ使わず、分かりやすく丁寧な説明を心がけています。

 

最良のパートナーとして、事件解決のお手伝いをしたい

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みなどをご紹介ください。

ご相談にいらっしゃる方の中には、とても緊張していらっしゃる方や不安に押しつぶされそうになっていらっしゃる方も少なくありません。
ですから、まずはご相談者様にリラックスしていただき、お話に耳を傾け、ご相談しやすい雰囲気づくりに努めています。

ご依頼いただいた案件は、依頼者様と「二人三脚」で事件解決に向けて取り組んでいくことになります。
依頼者様に最終的に笑顔になっていただきたいという思いが、私のモチベーションです。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

債務整理のご相談ですが、ご相談にいらした時点で既に債権者から訴訟を起こされており、勤務先を知られていたというケースがありました。
債権者に勤務先を知られていると、判決が出た場合に給与を差押えされる危険性が高いため、早急に破産や個人再生の申立をしなければなりません。
ですが、弁護士費用のお支払や必要書類の収集に時間がかかってしまいますと、申立前に給与が差押えられてしまいます。

こうしたケースでは、『もっと早く弁護士にご相談いただければ、給与差押えを回避できたのに』と残念に思われます。

事案にもよりますが、法律問題の弁護士へのご相談はできるだけ早い方が良いです。
お困りごとがあれば、ぜひお早めに、ご相談いただければと思います。

 

――― 最後に、お聞きします。細井先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

法的な解決方法は一つとは限りません。
解決方法が複数考えられる場合、それぞれのメリット・デメリットをお伝えし、依頼者様に選択いただくことになります。
その中で最善の結果が出せるよう、誠心誠意取り組んでいきます。

 

また、事件の解決においては、単に法的な解決を迎えるだけでなく、お気持ちの面での整理も必要です。

時には、依頼者様にとって『理屈や論理は理解できるが、感情的には納得できない』という場面が出てくることもあります。お気持ちの部分で100%納得できなくても、依頼者様にご判断いただかなければならないという場面も、残念ながら出てきます。

ただ、最終的に気持ちの整理をつけるのは依頼者様ご自身だとしても、弁護士の対応次第で、お気持ちの整理の「お手伝い」は出来ると感じています。

たとえば、解決方法の一つ一つについて丁寧に説明を尽くすこと、依頼者様のお話にしっかりと耳を傾け、お悩みやお気持ちを最大限汲み取ること、ご質問の一つ一つに丁寧にお答えすること。

そうした一つ一つの対応の場面で、依頼者様に寄り添い、事件解決のための「最良のパートナー」として依頼者様と共に事件解決を目指して活動することで、お気持ちの面でも依頼者様に最大限ご満足いただける結果を導き出せるのではないかと思います。

困難に直面した依頼者様に、少しでも前に進んでいただけるよう、弁護士として、できる限りのお手伝いをしていきたいと考えています。

――― インタビューは以上です。細井先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

 

無料相談受付中! Tel: 0120-546-770 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-546-770
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ