刑事事件 [事例1]

女子トイレを覗き逮捕を免れ、在宅事件で進行

30代男性
罪名結果
軽犯罪法違反、建造物侵入 略式罰金

背景

職場の女子トイレを覗こうとした結果、度々同種の事件が起こっていたために張っていた警察に捕まってしまったという事件です。Aさんは、警察官から取り調べを受けた際に、身に覚えのある別件もあれば、身に覚えのない件についても厳しく尋問されていました。Aさんは、何としても逮捕については避けたいと考えていたため、弊所に来所されました。

対応

まず、Aさんが、身柄を取られることを心配していたことや、複数の件の嫌疑をかけられており、その中の一部を否認していたことから、逮捕される可能性を防ぐべく、在宅捜査の意見書を作成しました。

一方で、Aさんは同種の犯行を行っていたことから、複数の件が送検されてしまうと、正式裁判になってしまうリスクがあったことから、警察官に尋ねられ、実際に犯罪を行ってしまった部分については示談をする方向で進みました。もっとも、示談の部分については、被害者側が示談には絶対に応じないという姿勢であったため、示談交渉にもなりませんでした。

さらに、身に覚えのない犯行については、認めてはならないことを伝え、取調べ前に何度か面談の上でレクチャーを行いました。

結果

レクチャーが功を奏し、当初精神的に参っていたAさんは、平静さを取り戻し、無事に警察官の取り調べをしのぐことができました。最終的に日時、被害者等が判明した1件のみが残りました。この様に、Aさんは恐れていた逮捕や正式裁判とならずに、在宅で事件をすすめた上で、最終的には略式罰金にて終結しました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-546-770 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-546-770
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ